×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


毎年、2月後半から3月にかけて梅が咲く偕楽園。今年の梅祭りに先駆けて、偕楽園に行ってきました。
今日は2分咲きでしたが、満開になるととても綺麗に咲くのでしょうね。これからが楽しみです。


偕楽園公園 入口

偕楽園には駐車場があり、そこからすぐなんですが、僕は近くの千波湖の駐車場にいつも停めています。千波湖を眺めながら少し歩くのですが、これもまた景色を見ながらの散歩なので、退屈もしませんし、徒歩5分ほどで偕楽園まで行けるので、偕楽園に来るときには千波湖に車を停めることをオススメします。また、電車でも偕楽園公園の駅がありますので、遠方から来る方も疲れることなく偕楽園に来ることができます。


偕楽園公園へのご案内

茨城の水戸駅の近くにあるこの公園は、標識が充実していて、迷うことなくたどり着くことが出来ます。駅から10分ほどで千波湖が見えてきて、その湖に沿っていくつもの駐車場があり、また広場もあるので安心して子供さんを遊ばせることができます。湖には色々な鳥が飛来し、餌も手で直接あげることができます。

ただ、夕暮れ時は家路を急ぐ人達で混雑する為、早めに切り上げたほうがいいでしょう。お弁当を持ってくると、とてもいいかもしれません。







梅の花のいい香りが立ち込めていました。周りを見渡すと、のんびりと散歩しながら歩く夫婦、家族連れが多く見られました。園内はとても広く、そんなに混み合っていないので、梅を見ながらの散歩はマイペースで歩くことができます。

偕楽園を歩いてみる




千波湖のほとりで


ふと見ると、黒鳥がペタペタと歩いていました。とてもゆっくりと歩くその姿は、見る人に癒しを与えてくれていました。子供たちが周りで遊びながら、黒鳥も警戒することなく、気ままに歩いています。穏やかな午後、こういう場面を目にすると、とても心が落ち着きます。


HOME